プロペシアの仕組み|AGA専用の育毛剤プロペシアの使用方法【薄毛治療ネット】

AGA専用の育毛剤プロペシアの使用方法【薄毛治療ネット】

プロペシアの仕組み

カプセルをつまむ

AGAに効く育毛剤、プロペシアの仕組みについて説明仕様と思いますが、その前に、まずはAGAの仕組みをお教えしておきましょう。
どのようなメカニズムで男性はAGAになってしまうのか知ることで、プロペシアの働きについてもよりスムーズにのみこむことができるでしょう。
「AGA」は「男性型脱毛症」の英略語、ということは主に男性が悩んでしまう薄毛現象であるわけですが、その原因は男性ホルモンの変質にあるとされています。テストステロンという代表的な男性ホルモンが変質してジヒドロテストステロン、通称DHTという物質になることで、AGAは開始されるとされています。
DHTは、男性の髪の毛を生やすための毛母細胞に働きかけて、髪の毛の成長サイクルを省略するようにしてしまう働きを持っています。髪の毛は生え、育ち、しっかり伸びたあとで抜けるというサイクルで成長していくのが普通ですが、DHTによって毛母細胞の働きが変わると、そのサイクルが短縮されてすぐに抜けてしまうようになるのです。

プロペシアに含まれるフィナステリドという成分は、このすべての元凶ともいえるDHTが生成されないようにするという働きを持つ成分です。
プロペシアを服用することで、テストステロンはDHTに変質することなく、したがってAGAの進行はストップします。具体的には、テストステロンをDHTに変質させる酵素の働きを抑えるというのが、プロペシアの役割です。この酵素は5アルファリダクターゼと呼ばれるもので、テストステロンに接触して作用し、DHTを生み出してしまうのですが、プロペシアがその働きをブロックするのでそもそもDHTが生成されるのを防ぐことができます。
DHTが新たに生成されなくなるので、最終的には髪の毛の成長サイクルは復活し、薄毛は解消されるのです。