時間がかかる薄毛治療|AGA専用の育毛剤プロペシアの使用方法【薄毛治療ネット】

AGA専用の育毛剤プロペシアの使用方法【薄毛治療ネット】

時間がかかる薄毛治療

白い錠剤

薬の中には、飲んで20~30分もすれば効果があらわれ、すぐに体調の悪さを改善させたりする種類の物もありますが、一方で効果があらわれるまでに少し時間がかかるものもあります。プロペシアは、どちらかといえば後者に属する薬であるといえるでしょう。プロペシアを飲んだからといって、たとえば数時間後、あるいは翌日、急に髪の毛がフサフサになる、ということはないのです。プロペシアは確実にAGAを解消してくれますが、その効果は劇的なものではありません。そのことは、最初のうちに心得ておくべきでしょう。
プロペシアの働きが実感できるまでになるには、数ヶ月の時間がかかるとされています。短くても3ヶ月、長ければ6ヶ月というのが、その時間です。
プロペシアの主成分であるフィナステリドが効果を発揮してからそれなりに長い時間をかけて、頭皮は再び髪をたくさん生やし、しっかり長く伸ばすということができるようになるのです。
人によっては、プロペシアを服用しながらも髪がなかなか薄毛の状態から改善されないことに苛立ってしまうこともあるでしょう。
「薬が足りないんじゃないか」などと思って用法用量に定められた以上のプロペシアを飲もうとしたり、せっかく続けてきたのを「もうたくさんだ」とばかりにやめてしまいそうになったり……。
しかし、プロペシアは飲む量を間違うと、つまりたくさん飲み過ぎてしまうと副作用が出やすくなってしまう薬なので注意する必要がありますし、時間がかかるとはいえ、しっかり服用していればAGAを解消することができる薬です。用法用量を守り、ヤケにならずに使うことを心がけましょう。